夏目漱石

『夢十夜』「第四夜」爺さんの正体から「蛇」の象徴まで!

『夢十夜』は夏目漱石著の短編小説。第四夜では「自分」は子供の姿をとっており、不思議な爺さんを目の当たりにします。ここでは、そんな『夢十夜』第四夜のあらすじ・解説・感想までをまとめました。

夏目漱石『三四郎』のストレイシープとは?あらすじ&解説まで!

『三四郎』と『それから』『門』の三作品は、漱石の前期三部作として知られています。九州の田舎から上京してきた三四郎という青年を主人公に置き、三四郎と周囲の人々の交流や、様々な経験、恋愛の様子などが描かれています。ここでは、そんな『三四郎』のあらすじ・解説・感想までをまとめました。

夏目漱石『吾輩は猫である』登場人物のモデルから成立の経緯まで!

『吾輩は猫である』は夏目漱石の処女作で、明治38年に発表された長編小説です。猫の「吾輩」の視点を通して、飼い主の珍野一家や、そこに集まる人々の様子が風刺的且つ滑稽に描かれています。そんな『我輩は猫である』のあらすじ・解説・モデルなどをまとめました。

芥川龍之介

芥川龍之介『手巾』モデルの新渡戸稲造から芥川が伝えたかったことまで!

『手巾(ハンケチ)』は芥川龍之介の作品です。作品の主人公は、『武士道』を記した新渡戸稲造がモデルであるともいわれています。芥川龍之介は、『手巾』を通じて何を伝えようとしたのでしょうか。ここでは、『手巾』のあらすじ・解説・感想までをまとめました。

芥川龍之介『邪宗門』若殿様と大殿様の対比表現について

『邪宗門』は芥川龍之介の中編小説で、『地獄変』と同じ語り手によって物語が進んでいきます。読んでみて驚かれる方が多いかと思いますが、実はこの作品、未完成のまま終わってしまっているのです。ここでは、そんな『邪宗門』あらすじ・解説・感想までをまとめてみました。

芥川龍之介『羅生門』作者が伝えたかったことは何か?ニキビの象徴まで!

芥川龍之介『羅生門』のあらすじと考察・感想です。結論から言うと、『羅生門』で芥川龍之介が伝えたかったことは、「・進退窮まったときの人間のエゴイズム」だと考えられます。『羅生門』は『今昔物語集』の話をもとにした作品です。