澁澤龍彦『高丘親王航海記』描かれる輪廻転生的な死生観

『高丘親王航海記』の紹介

独自の視点で物事を見つめ、幻想的かつエロティックな筆致で物語を描き出す澁澤龍彦。

『高丘親王航海記』は、そんな彼の遺作にあたる作品です。本作はあまりメジャーなものではありませんが、澁澤龍彦の魅力が詰まっています。

今回は、そんな『高丘親王航海記』の解説や感想を書いていきます。

『高丘親王航海記』のあらすじ

時は貞観7年(西暦865年)、67歳の高丘親王は中国の広州から天竺に向けて出発しました。

彼と共に旅をするのは、安展と円覚、さらに脱走した奴隷と思しき少年・秋丸です。

親王は子供の時から天竺に憧れを抱き、はるばる日本から旅をしてきたのです。

旅の途中、一行は不可思議な生物や植物、事態に出会います。

言葉をしゃべるジュゴンにオオアリクイ、下半身が鳥の女、上に座った女をミイラにするというラフレシア。

旅が進むにつれ現実と夢の境は曖昧になり、親王の心すら、夢とうつつの間をさ迷っていきます。

物語の終盤、親王一行は師子国(セイロン)を目指して船旅をしていました。

しかし、この船は盗賊達によって襲われ、親王は宝物である美しい真珠を、取られまいとして飲み込んでしまいました。

その真珠は親王の命をむしばみ、彼は生きたまま天竺に辿り着くのは不可能だと悟ります。

親王は以前関わりのあった少女から、「故郷である天竺に戻る虎」の話を聞き、虎に食われて天竺に行くことを決意します。

その決意は遂げられ、安展と円覚は泣きながら彼の骨を拾ったのでした。

『高丘親王航海記』ー概要

物語の主人公 高丘親王
物語の重要人物 高丘親王、秋丸(春丸)、藤原薬子、パタリヤ・パタタ姫
主な舞台 中国、ベトナムやカンボジアなど東南アジア
時代背景 平安時代
作者 澁澤龍彦

『高丘親王航海記』の解説

・澁澤龍彦の死生観

どう生きて、どう死んでいくか。どんな生きざまを、どんな死にざまを理想とするか。

そうした観念を「死生観」と呼びます。こう書くと難しく感じるかもしれませんが、おそらく多くの人が、おぼろげながらも考えたことがあるに違いありません。

本作『高丘親王航海記』は、一読しただけではいまいち内容を掴みきることができません。

「高丘親王が天竺を目指し、様々な土地を訪れる旅行記のようなもの」

ということは理解できても、次々に訪れる理不尽な描写の数々に気おされてしまうのです。

では、本作を読み取るヒントはどこにあるのでしょう。私は、作者である澁澤龍彦の死生観にあると考えています。

元々、本作は澁澤龍彦の遺作だけあって、物語の始まりから「死」が匂い立っています。

老年ながら元気のある親王ですら、その周囲に満ちた死の気配を振り払うことができません。

物語の第一章には、言葉を話すジュゴンが登場します。

最初はただのジュゴンだったものが、秋丸の尽力により、どうやら人語を解せるようになったのです。

しかし、ジュゴンはしっかりと言葉を話すと共に、命をおとしてしまいます。

とても楽しかった。でも、ようやくそれがいえたのは死ぬときだった。おれはことばといっしょに死ぬよ。たとえいのち尽きるとも、儒艮の魂気が絶えるということはない。いずれ近き将来、南の海で再びお目にかかろう。

澁澤龍彦『高丘親王航海記』文藝春秋,1987年,p30,7~9行目

この言葉からは、主に2つのメッセージを読み取ることができます。

  • 澁澤龍彦の言葉に対する信頼感や愛情
  • 澁澤龍彦の輪廻転生の考えかた

です。

澁澤龍彦は、作家として「言葉」を心底愛していたのでしょう。

それはもう、言葉と心中しても良いと思える程に。

そして、自分の言葉は自分の物として、共に死後の世界に赴きたかったのだと思います。

そして、もう一つのメッセージの輪廻転生。

これは決して、仏教的な輪廻転生の考え方では無いでしょう。

澁澤龍彦も、そして、その化身として考えられる高丘親王自身も、解脱を望んでいるようには感じ取れないからです(仏教では、輪廻転生を繰り返すことにより、最終的な解脱を目指すとしています)。

特に、高丘親王は僧であり、仏教の本拠地である天竺を目指してはいるものの、世俗人的な一面を強く描かれています。

澁澤龍彦が思う輪廻転生。その細かな部分は、本人にしか分かりません。

しかし、ジュゴンの言葉から僅かなヒントを得ることができます。

作家は、自分の創作物に魂を乗せることができます。

その魂は著作物が残る限り不滅であり、読み続けられる限り、何度でも復活できます。

つまり、本作『高丘親王航海記』は、澁澤龍彦流「死者の書」として読むことができるのではないでしょうか。

「自分の肉体は滅ぶけれども、魂は常に『ここ』にある」

そうしたメッセージを、彼は本作に込めたのでしょう。

一読しただけでは、分かりにくい『高丘親王航海記』の世界。

一度、ここに書いた死生観を当てはめて全てのエピソードを読み通せば、新しいものが見えるかもしれません。

・「人ならざるもの」と「獣ならざるもの」

人は通常、獣の姿をしていませんし、獣は通常、人語を話すことができません。

しかし、この理を覆すような「人ならざるもの」や「獣ならざるもの」が、『高丘親王航海記』には数多く登場します。先に挙げたジュゴンも、その一例でしょう。

では、人と獣の境はどこにあるのでしょうか。

まず、動物は話すことができません。(ここで言う「話す」とは、言葉を理解して、自分の意思を持って、言葉を発することを指します。つまり、オウムなどは当てはまりません。)

また、犬などは人の言葉をある程度理解しているとされていますが、自分から言葉を話すことはできません。

人間の特徴は、火を使えること。そして何より、複雑な言葉を話せるということ。

こう考えると、言葉とは「人間性」の一つの現れと言えるでしょう。

本作の第二章には、上半身が人間の女で、下半身が鳥という不思議な生物が複数登場します。

これらの生物たちはとある王国の国王に寵愛され、後宮に閉じ込められているとされています。

彼女達の見た目は人間に近いものの、身動きは一切取りません。勿論、親王に対し話しかけることもありません。

ただ寝台に寝そべり、裸の体をさらしているだけなのです。

彼女達には、意思があるように思えません。目は開いたままで、恥じらいも無いようです。生きているのかどうかすら妖しい体で、後宮を訪れる男たちを受け入れているのです。

元々、性行為とは本能に基づいた、大切ではあるものの動物的な行為です。その行為を受け入れる半人間・半動物の女性たちは、「どちらの側」にあるのでしょう。

死の間際とはいえ、人間性を発露して言葉を話したジュゴン。

ジュゴンよりも人間に近い見た目をしながらも、話しもせず、意思を表現しない女たち。

理性と動物性を兼ね備えているのが、人間の本質です。この2種類の生物たちは、こうした相反する事実を端的に表現しているのでしょう。

『高丘親王航海記』の感想

・濃密な死のにおいに、眩暈がする

私が『高丘親王航海記』を初めて読んだのは大学生の時です。

当時の私は三島由紀夫を好んで読んでおり、その繋がりから澁澤龍彦に手を出しました。

そのときの感想はいまや遠いものとなってしまいましたが、心の奥の何かに触れるような、むずがゆさを感じたことを覚えています。

そしてこのたび、また『高丘親王航海記』に手を伸ばし、幾度目かの再読を終えました。

今回感じたのは、むずがゆさでは無く眩暈です。

本作は、作品を通して濃密な死の匂いを放っています。それは勿論、この作品が澁澤龍彦の遺作であることが関係しているのでしょう。

特に、主人公である高丘親王の病に関しては、作者本人の体験をそのまま投影しているのだと分かります。

では、この物語が悲しいものかと言えば、決してそうではありません。死の匂いは強くとも、底の抜けたような明るさがあるのです。

明るい死の匂い。それは、不思議に美しいものです。じっと見つめていると、飲み込まれるような気分になります。

それを肺の奥に吸い込むと、眩暈が起こってしまう。私が、今回感じた眩暈は、死の匂いを感じ取り過ぎたのでしょう。

もっともっと、それこそ死期が近くなってから、本作を読むとどうなるのでしょう。私はいつか、澁澤龍彦の境地に辿り着けるのでしょうか。今から気になって仕方ありません。

以上、澁澤龍彦『高丘親王航海記』のあらすじ・解説・感想でした。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

オオノギガリ

子供のときから文を読み、書くことが大好きでした。高校生の時に近代の日本文学にのめりこみ、本格的に作家への道を志しました。現在は小説家を目指しながら、ひっそりとウェブライターとして活動しています。好きな作家は澁澤龍彦・三島由紀夫など。ジャンル問わず読む雑食性です。